ペットの水を考察するのに必要な知識 その5

人間でもヨーロッパから輸入したミネラルウォーターを飲んでおなかを下したりする場合があります。これはなぜでしょうか?そして、これはペットの体でも同様のことが起こりえます。ペット 水を与える際にこの点について留意するべきでしょう。

・ミネラルウォーター 軟水と硬水、それぞれの用途

ミネラルウォーターには、軟水と硬水の2種類があります。ところで、どうして硬水を飲むと、多くの人が下痢を起こすかを知っていますか?

硬 水には軟水以上に多くのマグネシウムを含有していますが、このマグネシウムは便秘時の下剤として病院で処方される薬の主要な成分の一つなのです。そういう 理由で、硬水を飲むと、お腹を壊してしまいやすいのですね。日本以外の国では、硬水が出る土地が多いと言われています。旅行にいく事があれば、日本からミ ネラルウォーターを持参するのも一つの手でしょう。

しかし、そんな飲んでしまうと困ったちゃんな、硬水ですが、ちゃんと使い道が存在します。それは調理においてで、硬水には、肉の臭みを抑えたり、アク汁を取りやすくします。ですから、硬水は洋風ダシをとったり、肉を使った煮物や鍋物に適しているのです。

ま た、コーヒーの定番エスプレッソの場合は、却って苦みや渋みが抑えられ、まろやかになります。それから、硬水にはミネラル分が豊富ですので、スポーツ後、 汗と一緒に失われた水分とミネラル補給に最適です。他にも、妊婦さんの栄養補給や、便秘の解消(いうまでもなく腹を下すから、、)等にも役立つのです。

また、ミネラルは代謝にも影響していますから、痩せやすい体を造るのにも効果的です。このように、一見使い道の無さそうな、硬水ですが、賢く使い分ける事で、調理から健康維持までに幅広く使用できます。

このブログ記事について

このページは、Nickが2013年4月 6日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットの水を考察するのに必要な知識 その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。